お金を貯める

ヨーグルトメーカーが節約にならない人の特徴|僕は3万得してる

ヨーグルトメーカーが節約にならない人の特徴|僕は3万得してる

ヨーグルトメーカーを検討中の人

ヨーグルトメーカーって結局は節約になるの?どれくらい節約効果があるのか、実際に使っている人の感想を聞いてみたいです。

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いているぼくは、ヨーグルトメーカー歴4年のヨーグルト大好き人間です。

もともと知人から安価なヨーグルトメーカーをプレゼントしてもらい、それがキッカケで使い始めたんですけど…。

なにこれ、めっちゃいいやん!

と、エセ関西弁がでるくらい感激したのを、昨日のことのように覚えています。

個人的にはおすすめの商品ですが、ヨーグルトメーカーを使っても節約にならない人もいるのでちょっとご紹介。

あなたが該当しないか、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーが節約にならない人の特徴

ヨーグルトメーカーが節約にならない人の特徴

ヨーグルトメーカーを買っても、節約にならない人の特徴は3つあります。

  1. あまりヨーグルトを食べない人
  2. タネと牛乳にお金使いすぎの人
  3. 作ったヨーグルトを食べきってしまう人

これらに該当するようなら、ヨーグルトメーカーは買うだけムダ金になるでしょう。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る費用は?

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るのに用意する材料は2つです。

  1. 1リットル牛乳
  2. タネとなるヨーグルト

あなたが普段買っている牛乳はいくらですか?

ふだん食べているヨーグルトはいくらですか?

ぼくの場合、牛乳は150円でヨーグルトは100円程度です。

つまり、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る初期投資として

  • 材料費250円
  • ヨーグルトメーカー本体代

これらがかかってくるわけですね。

そもそもヨーグルトを頻繁に食べない人だと、ヨーグルトを1回作るのに250円かかるうえ、1リットルの牛乳がすべてヨーグルトと化すので、おそらく食べきるまえに処分することになるでしょう。

それであれば、食べたいときに食べたい分だけ市販のヨーグルトを買ったほうが全然お得です。

ただ、ヨーグルトを頻繁に食べる人であれば、毎回250円のコストをかけなくても、もっと安くヨーグルトを作る方法があります!

ヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトはタネにできる

これがヨーグルトメーカーでヨーグルト代を節約に導く奥義です。

作ったヨーグルトのうち100gくらいを残しておくことで、つぎのタネにすることができます。

これによって、ヨーグルトを作るコストは1リットルパックの牛乳代だけ!

頻繁にヨーグルトを食べないのなら、100gを保存しておくのはむずかしいので、やっぱり毎日ヨーグルトを食べている人が使える方法になるでしょう。

ぼくはこの方法で、ずっとヨーグルトを作り続けています。

継ぎ足し継ぎ足しで、もはや秘伝のヨーグルトって感じですね。笑

じゃっかん、お腹くだしたりしないか心配になるときもありましたが、大丈夫です。

非常に便通は快適です。くだしてるわけではありません。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーで節約できる金額は?

ヨーグルトメーカーで節約できる金額は?

さて、我が家がヨーグルト代を年間どのくらい節約できているのかあらためて計算してみました!

うちには4歳の子どもがいて、毎食ヨーグルトを食べているのですが、2歳まではこちらのヨーグルトを食べていました。

3個セットなので、1日分ですね。

  • 3個セットで210g
  • 3個セットで約120円
  • 120円×365日=43,800円

こどものヨーグルト代だけで1年間に43,800円も払っていたとはぶっちゃけ驚きでした…。

これをヨーグルトメーカーに置き換えたところ、以下のような感じでヨーグルト代を節約できています。

  • 1リットル牛乳150円
  • 1食70gの場合、年間消費量77本
  • 年間消費量77本×150円=11,550円

なんと32,250円もの節約効果がありました!

ちゃんと計算したことなかったので、これはマジでうれしい!笑

おいおいちょっと待ってくれ!ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るのに電気代がかかるでしょ?電気代を計算に入れてないじゃん!

確かにその通り…!

ヨーグルトメーカーの1回あたりの電気代は約6.5円です。

6.5円×年間消費量77本=500.5円

1年間の電気代は500円となります。

32,250円の節約効果にくらべたら、誤差ですね。

実際には、ぼくたち夫婦も毎日ヨーグルトを食べるので、5万以上は得していると思います。

【おすすめ】R1のように割高ヨーグルトも大量生産できます

免疫機能を高めてくれる効果が期待できると言われているR1ヨーグルト。

コンビニやスーパーでバカ売れしているようですね。

あぁもったいない!!笑

ヨーグルトメーカーを使えば、R1ヨーグルトを1本買うだけで、無限にR1ヨーグルトを量産できるのに!

ヨーグルトメーカーは、タネとなるヨーグルトの乳酸菌を増やすことによって、牛乳全体をヨーグルトに変化させていきます。

つまり、R1ヨーグルトをタネに使えば、1リットル牛乳がまるまるR1ヨーグルトと同等の成分になるということです。

まぁ甘さは無いので、味まで一緒にはなりませんけどね。笑

まとめ

まとめ

この記事では、ヨーグルトメーカーを買っても節約にならない人の特徴を3つご紹介しました。

  1. あまりヨーグルトを食べない人
  2. タネと牛乳にお金使いすぎの人
  3. 作ったヨーグルトを食べきってしまう人

たまにしかヨーグルトを食べないのなら、買ってもしょうがないですね。

ヨーグルトメーカーで最大限、節約効果を得るにはこれらの真逆をやればOK!

  • 安いタネと牛乳をチョイスする
  • 作ったヨーグルト100gを次のタネにする

ただまぁ、脂質の高い200円くらいの牛乳でヨーグルト作るとマジで美味いんですよね…。笑

自作ヨーグルトの味は、市販を超えると思っています。

ヨーグルトメーカーに興味があれば、ヨーグルトメーカー歴4年のぼくが厳選している3つの機種を紹介した記事があります。

よければ参考にどうぞ。

というわけで以上です。

ヨーグルトを頻繁に食べる人には、ヨーグルトメーカーめっちゃおすすめです!

ジューゴ

Twitter(@jugo15papa)やってるので、繋がりましょ!フォローして「ブログ読みました」ってリプくれたらフォロバします(/・ω・)/

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です