お金を貯める

ヨーグルトメーカー歴4年がおすすめする神コスパ機種3選!

ヨーグルトメーカー歴4年がおすすめする神コスパ機種3選!

ヨーグルトメーカーを検討している人

ヨーグルトをよく食べるから、自宅で作れるヨーグルトメーカーを買おうか悩み中。自作ヨーグルトって美味しいの?コスパ的にどうなの?実際に使っている人の感想が聞きたいです。

そんな疑問にお答えします。

この記事を書いているぼくは、ヨーグルトメーカーを使い続けてもう4年になる人間です。

このブログではメンズ美容をテーマに取り扱っているのですが、ヨーグルトは美容・健康に超絶大きな影響をもたらしてくれます

ヨーグルトの美容・健康効果を詳しく知りたいならこちらの記事を参考にどうぞ。

そんな美容・健康効果の高いヨーグルトを毎日食べ続けるには、わりとお金がかかりますよね。

そんな悩みを解決してくれるのがヨーグルトメーカーです。

結論からいうと、ヨーグルトメーカーを使えば月々のヨーグルト代はかなり節約できますよ。

まずは、ヨーグルトメーカーをおすすめする理由から詳しく解説していきます。

おすすめ機種をサクッと確認したい方は、こちらをクリック。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカーをおすすめする理由⇒コスパ抜群!

ヨーグルトメーカーをおすすめする理由⇒コスパ抜群!

市販のヨーグルトを買うよりもヨーグルトメーカーを使うことをおすすめする理由は3つあります。

  1. ヨーグルトメーカーは節約になる
  2. ヨーグルトの糖分を調節できる
  3. ヨーグルト以外の調理もできる

これらになります。

ひとつずつ詳しく解説しますね。

その①:ヨーグルトメーカーは節約になります

ヨーグルトメーカーを買うべきかどうかで悩むポイントって、いちばんは “コスパ” ですよね。

市販のヨーグルトのほうが安く手に入るなら、わざわざヨーグルトメーカーなんて買う必要ありません。

安心してください。
しっかり節約できます!

サクッと値段を比較するとこうなります。

  • ヨーグルトメーカー⇒75円/450g
  • ブランドヨーグルト⇒138円/400g
  • ローコストヨーグルト⇒100円/400g

市販のヨーグルトよりも半分の値段でまわすことが可能。

4個パックのヨーグルトを食べている人からすれば、約5分の1の値段まで節約効果があります。

とはいえ最初は費用がかかります

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るのに必要な材料は2つ。

  1. 1リットル牛乳
  2. タネとなるヨーグルト

タネとなるヨーグルトは、固形のものでも液体のものでもOKです。

値段にバラつきはあるものの、2つ合わせて300円くらいにはなるでしょう。

コスト300円に対して、手に入るヨーグルトは1300g。

※タネは400gのヨーグルトで計算しています。

※2 1リットル牛乳から100ml取り出してヨーグルトを入れるため、計1300gとなります。

つまり、市販で売られてる400gパックで考えると、約172円のヨーグルトとなります。

フツーに割高ですね…。笑

✔2回目からはタネを買わなくていい

ここがポイント。

初回はタネとなるヨーグルトを買うものの、2回目からはヨーグルトメーカーで作ったヨーグルトをタネにできるのです。

つまり、2回目以降は1リットル牛乳の費用だけで900gのヨーグルトが手に入るということ。

“R1” のような割高ヨーグルト飲料をタネに使えば、900gすべてが “R1” と同じ乳酸菌に染まるのでコスパが神です。

その②:ヨーグルトの糖分を調節できます

プレーンタイプは別として、市販されているヨーグルトってけっこう甘味が強いのが多いですよね。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は健康にいいけど、甘味はフツーに肥満のもとです。

ヨーグルトメーカーで作ると、甘味を感じられます

ぼくがヨーグルトメーカーを使い続ける理由のひとつがこれです。

市販のプレーンヨーグルトって酸味が強くて苦手なんですけど、ヨーグルトメーカーで作ったプレーンヨーグルトって”あまみ”があるんです!

ぶっちゃけ、市販よりもスゲー美味しいですよ!

ヨーグルトの味は、使う牛乳によって変わります。脂質が高めの牛乳ほど、甘味のある美味しいヨーグルトが出来上がりますよ!

牛乳の脂質が高いと「太る」って思うでしょうが、牛乳の脂質は「からだに良い脂質」です。

積極的に摂るべきですよ。

その③:ヨーグルト以外の調理もできます

ヨーグルトメーカーの機種によりますが、ヨーグルト以外にも作れるレシピがけっこうあります。

一例ですがこんな感じ。

  • 甘酒
  • 納豆
  • チーズ
  • 水キムチ
  • 塩こうじ
  • 天然酵母
  • 温泉たまご
  • チャーシュー
  • サワークリーム
  • ローストビーフ
  • フルーツビネガー

もはや低温調理器と言っていいくらい。笑

もちろんヨーグルトでも、さまざまなヨーグルトを楽しむことができます。

  • プレーンヨーグルト
  • カスピ海ヨーグルト
  • ギリシャヨーグルト
  • 飲むヨーグルト
  • 豆乳ヨーグルト

牛乳の種類を変えれば味も変わるので、いろいろ試して発見していくのも楽しいですね!

さて、ヨーグルトメーカーをおすすめする理由として3つご紹介させていただきました。

  1. ヨーグルトメーカーは節約になる
  2. ヨーグルトの糖分を調節できる
  3. ヨーグルト以外の調理もできる

それではヨーグルトメーカーを4年間使っているぼくが、おすすめの厳選機種をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ヨーグルトメーカー歴4年がおすすめする神コスパ機種3選!

ヨーグルトメーカー歴4年がおすすめする神コスパ機種3選!

これからご紹介する機種は、3種3様なので優劣を決めるものではありません。

自分の用途に合ったヨーグルトメーカーをお選びください。

【圧倒的コスパ】アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

Amazonなら3,980円で買えるリーズナブルなヨーグルトメーカー。

ぼくも気に入って愛用しています。

3,980円という価格のわりに、機能が充実しているのがおすすめのポイント。

  • 25℃~65℃を1℃刻みで設定できる
  • 牛乳パックのままヨーグルトが作れる
  • レシピブックやオプションパーツ付き

1℃刻みで60℃近辺を調節できるので、低温調理器の代わりとしても使えるのがおすすめのポイントです。

低温調理器を買うと1万円はフツーに超えてきますからね。

  • 手軽にヨーグルトが作りたい
  • 安価でしっかりとした機種がいい
  • 低温調理器の代わりとしても使える

こんな機能が欲しい人におすすめです。

【高機能】クビンス ヨーグルト&チーズメーカー

価格は1万円を超えてくるけど、しっかりとした機能が使いたい人向けの商品です。

  • 100種類以上の発酵食品が作れる
  • 最大99時間のタイマー設定ができる
  • 20℃~65℃の広範囲を1℃刻みで設定できる

これ1台あれば、自家製の発酵食品はすべて作れると言っても過言ではありません。

自家製のお酢も作れちゃうので、料理がはかどりますね!

見た目もスタイリッシュでカッコいいから、プレゼントとしても喜ばれるでしょうね!

  • ガッツリと発酵食品作りを楽しみたい人
  • インテリアにもこだわりがある人

こんな機能が欲しい人におすすめです。

【最安】山善 発酵美人

3機種のなかで一番安いモデルですが、機能は十分です。

  • 25℃~65℃を1℃刻みで設定できる
  • 小分けボトルで3種類同時に作れる

こちらの商品には、1リットルの大容器と150mlの小分けボトル4つがついています。

小分けボトルを使えば、別々の食材を同時に発酵させることが可能。

しかしまぁ、同時に別々の発酵食品をつくる機会は少ないかも。笑

  • とにかく安く始めたい
  • 手入れがラクなものがいい

こんな機能が欲しい人におすすめです。

今回ご紹介したのは、あくまでぼく個人の好みとなります。

ただまぁ、ほかの商品に目立ったメリットはありません。

どれを選んでも、ヨーグルトは作れます!笑

あまり難しく考えずに、安い機種から始めてみてはいかがでしょうか?

というわけで以上です。

ヨーグルトメーカーを使った節約術も記事にしています。

興味があればのぞいてくださいませ!

ジューゴ

Twitter(@jugo15papa)やってるので、繋がりましょ!フォローして「ブログ読みました」ってリプくれたらフォロバします(/・ω・)/

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です