ライフスタイル

【超初心者向け】読書を習慣にする方法【本嫌いだった僕が解説】

【超初心者向け】読書を習慣にする方法【本嫌いだった僕が解説】

読書を習慣にしたい人

読書を始めて、人生を豊かにしたい。これまで何度も読書にチャレンジしたけど、結局続かなかった。そんな自分でも読書が習慣になる方法が知りたい。あと、なにを読めば良いのか、オススメがあれば知りたい。

そんな悩みを解決します。

この記事を書いている僕も、以前は読書がめちゃくちゃ苦手な人間でしたが、今では1ヶ月で10冊以上は読むようになりました。

こう聞くと「もともと読書が嫌いだったのに、頑張って読んでいる?」って思われるかもしれませんね。

全然そんなことはなく、むしろ「読みたいから読んでいる」というマインドに切り替わっています。

この記事では、読書が続かない理由を明確にして、僕も実践している読書習慣の作り方を解説していきます。

世の成功者で、読書をしない人はいません。
この記事を読み、読書習慣が身に付けば、あなたにも成功を掴むチャンスがあるかも。

ぜひ最後までお付き合いください。

【超初心者向け】読書を習慣にする方法【本嫌いだった僕が解説】

【超初心者向け】読書を習慣にする方法【本嫌いだった僕が解説】

読書を習慣にするための具体的ステップは次の3つです。

  1. kindle unlimited」に登録する
  2. 「ながら読書」の時間を取り入れる
  3. 読書で得た知識を「アウトプット」する

僕はこの手順で、苦手だった読書を楽しめるようになりました。

詳しく解説していきます。

いきなり本を買うのはコスパが悪すぎます

読書をするのだから、まずは本を探すところからスタートする人も多いでしょう。

しかし、この行動はぶっちゃけ非効率です。

なぜなら、読書が苦手な理由のひとつに、「読みたい本を見つける力が足りない」ことが挙げられるからです。

✔読書ビギナーの行動

  • 買うべき本を見つけるのに時間がかかる
  • お金を払って買うのだから後悔したくない
  • 迷いまくった挙句、本を買うことなく帰る

むかしの僕です。

「よし、読書を始めよう!」と意気込んでも、実際に書店に行くと、どんどんモチベーションが下がって、「今日のところは帰るか…」ってのを繰り返していました。

読みたい本は「kindle unlimited」で見つかります

kindle(キンドル)っていうのは、Amazonが提供している電子書籍サービスのこと。

自分のスマホでも読むことができるので、本を持ち歩く必要が無いのも特徴ですね。

kindle unlimited」は、月額980円で約12万冊の電子書籍が読み放題になるサービスのこと。

これが控えめに言って、神サービス。

✔月額980円は本1冊分の値段です

月額980円は決して安い金額ではありません。
ただ、本1冊を買うのと変わらない値段であることも事実です。

つまり、毎月1冊以上の本を読むことができれば、それだけでノルマ達成。
2冊読めれば得をするし、3冊以上読めれば、それってもう「読書習慣が身に付いた」と言えますよね。

月額980円で読書習慣を買うことができるってことです。

紙の本を買うことを否定はしません。
僕だって紙の本を買います。

ただ、紙の本を買うと「いつでも読めるから後回し」の状態を作りやすいんですよね。

「本を読んでも980円」「本を読まなくても980円」だったら、僕ならたくさん読んで元を取ろうって考えます。

そういう状況を作り出せるのも、「Kindle unlimited」の魅力だと思っています。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

✔読みたい本が必ず見つかります

なんていったって12万冊もあるのだから、必ず読みたい本が見つかります。

一冊読み終えれば、「あなたの好み」や「関連商品」をピックアップして表示してくれるのも便利。

いろいろな本を片っ端から試しても、月額980円は変わりません。
そういう意味では、自分好みの本を見つける練習にもなりますね。

読みたい本の見つけ方は、後述します。

「読書の時間」は作らない ⇒「ながら読書」でOKです

自分から読書の時間を作り出すことができる人は、そもそも読書が苦手じゃないでしょ。

僕も以前、読書の方法をググったときに「すき間時間から少しずつ始めましょう」ってのを見かけて実践しようとしましたが、ぶっちゃけ続きませんでした。

僕が実践した方法は「ながら読書」です。

「ながら読書」っていうより、「ながら時間で読書」って言ったほうが正しいかもしれませんね。

今でも継続しているのは、次の2つ。

  • トイレに入ったとき
  • お風呂に入ったとき

✔トイレに入るたび1ページ読む

紙の本を1冊、トイレに置いておき、トイレに入るたび1ページずつ読み進めていきます。
1ページがキツイなら、1行でも良いでしょう。

これが読書嫌いだった僕でも、結構続けられるんです。

  • トイレという環境は何もないから集中できる
  • 1ページ読む程度なら2~3分でちょうどいい

2~3分程度であれば、実生活に影響はありません。

僕はkindleユーザーなので、Kindle端末を持ってトイレに入ります。

スマホでもKindle書籍を読むことができますが、スマホにはSNSやYouTubeなどの誘惑が多いので、誘惑に負けそうな人はkindle端末を用意するのも一つの方法です。

✔湯船に浸かりながらじっくり読書を楽しむ

昔は「シャワー派」だった僕ですが、最近はめっきり「湯船に浸かる派」となりました。

というのも、湯船に浸かることでめちゃくちゃ熟睡できるから。

ただ、湯船にボーっと浸かっている時間がもったいなく感じていたので、読書をするのにちょうど良かったんです。

38℃くらいのぬるま湯なら、30分程度浸かることで睡眠の質がめっちゃ上がります。毎日30分も読書の時間を作れれば日本人の上位数%に入れます。

日本人の読書時間は、世界で比べるとワースト2位というデータがあります。

お風呂に浸かってる時間だけ読書をするなら、わざわざ読書のために時間を作らなくて良いので、個人的に気に入っている方法です。

ただ、さすがに紙の本は持ち込めないので、防水スマホかKindle端末にしときましょ。笑

Kindle端末は、もちろん防水仕様です。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

「アウトプット」することで、知識が定着します

これは僕の持論ですが、読書をすることに大きな意味は無いと思っています。

読書をする行為ではなく、読書で得られる知識にこそ、大きな意味があると思っています。

僕が読書をする最大の理由でもあります。

「読書で得た知識を活かしたい」から、僕は読書に時間を使っています。

  • 友だちとの雑談の話題に
  • Twitterで情報発信する材料に
  • 当ブログでの良質なコンテンツ作成のために

「本で読んだ知識を披露する場」があるからこそ、僕はモチベーションを高く保って本を読むことができています。

ぶっちゃけ、自己完結で留まっていたのなら、僕は今ごろ読書をやめていたでしょう。

ブログは資産にもなるのでアウトプットにオススメです

僕はこのブログ以外にも、ブログサイトを運営していますが、そちらのブログサイトでは毎月2万円程度の収益が発生しています。

トップブロガーであれば、毎月500万以上を稼ぐツワモノもいます。

ブログコンテンツを充実させて、ブログから収益を得るためには、読書が必須。

僕が読書に取り組むようになったのも、ぶっちゃけブログ運営のためだったりしますからね。

  1. 読書から良質な情報を得る
  2. 情報を整理してブログに書き起こす
  3. 知識は定着し、ブログからも収益が発生する

こういう良い循環が作れるので、ブログに限らずですがアウトプットはマジでおすすめです。

もし、自分でブログを持つことに興味がある方は【画像付き】ワードプレスでブログの始め方【必須の設定まで解説】を参考にしてください。

読書を習慣にできない人へ⇒興味を明確化しましょう

読みたい本を見つける方法⇒興味を明確化すること

ここまでこの記事を読み進めたあなたは、本を読む才能がちゃんと備わっていますよ。笑

もうすでに、3,000文字を読んできたわけですから。

ここまで3,000文字を読んでみて、「つらい…」とか「苦痛だ…」と感じましたか?

おそらく、そう思われた人は、そう思った時点でこのブログを閉じてるはず。

あなたがここまで読み進められた理由は、「自分にとって有益な情報がある」と感じていたからではないでしょうか。

「このブログを読めば、読書を習慣にできるかも」っていう興味が、あなたの「文字を読む原動力」になったわけです。

本から得るものを考えて、読書を始めましょう

例えば、投資の本を読めば、投資の知識が身に付きます。

投資の知識が身に付けば、投資をスタートさせて、経済的豊かさを手に入れることができます。

✔️本の知識による自分へのメリットを考える

  • 投資の知識⇒経済的な自由を得られる
  • 美容の知識⇒同年代より若々しくなれる
  • 自己啓発系⇒私生活を改善してチャンスをつかめる

こんな感じで、読み終えたあとの「なりたい自分」を想像すると興味が湧きやすいと思います。

僕にとっての読書は、趣味ではなく学習です。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

読まないと「損する」本を紹介します

わりと本を読むのが苦手な人でも、スラスラ読めてしまうものをピックアップしています。

夢をかなえるゾウ

自己啓発系の大人気小説で、テレビドラマ化もされています。

冴えない主人公のもとに現れた神様「ガネーシャ」が、主人公の「変わりたい」という願いを叶えるために、毎日誰でも達成できる課題を与えて、主人公を成功に導くというストーリー。

ガネーシャが与える課題は、読者に向けられたものでもあります。

この本を読みつつ、課題をクリアしていけば、きっとあなたの人生も変化するはず。

「Kindle unlimited」の読み放題で無料で読めます。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

本当の自由を手に入れるお金の大学

学校では学んでこなかった「本当のお金の知識」を、この1冊から学ぶことができます。

著者はYouTubeにも動画投稿されており、チャンネル登録者数が63.8万人という、ビジネス系ジャンルでは大人気チャンネルです。

ちなみに僕も昔からのファンです。笑

この本の内容を実践した人で、

  • 借金が完済できた
  • 副業で毎月5万円稼げるようになった
  • 収入は変わらないのに、お金が余るようになった

という人も続々生まれています。

僕も正しい節約の知識を、この本の内容から得ました。

残念ながら「Kindle unlimited」の読み放題には追加されていません。

しかし、紙の本で買うよりもKindle版のほうが500円くらい安く購入できます。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

自分を操る超集中力

読書にも使える、集中力が身に付く本です。

集中力を気合いで維持するのは無理。

科学的に証明された、集中力を持続させる方法が詳しく書いてあるので、これから何かにチャレンジする人は、効率を高めるためにも、まずはこの本を読むべき。

メンタリストDaiGoさんが書いている本なので、次が読みたくなる文章心理テクニックで、スラスラと読み進められますよ。

こちらは「Kindle unlimited」読み放題の対象です。

>>kindle unlimitedを30日間無料で試す

というわけで以上です。

本嫌いだった僕が、読書習慣を身に付けた方法が参考になったなら嬉しいです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です