お金を貯める

【スマホ代がほぼ0円】楽天モバイルを使った感想【現状、最強です】

【スマホ代がほぼ0円】楽天モバイルを使った感想【現状、最強です】

楽天モバイルに乗り換えようか悩む人

楽天モバイルのテレビCMでよく見る「0円」って本当なの?安くても使いづらいなら、契約したくないし。実際に使っている人の感想が聞きたいです。

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いているぼくは、2020年の6月から楽天モバイルを使っています。

9ヶ月間使ってみての感想を率直にいうと、

楽天モバイルにして、本当に良かった

ということです。

スマホ代が1年間0円はマジです。

ちなみにぼくの楽天モバイルの支払い実績はこちら。

初月の3,644円は契約事務手数料で請求されたもの。

ちなみに契約事務手数料は、楽天ポイントとしてちゃんと戻ってきました。

事務手数料のポイントバック

その後のちょこちょこした支払いは、有料通話によるものです。

9ヶ月間で支払ったスマホ代は、なんと1,004円!笑

さすがに他社にはマネできないサービスと言えるんじゃないでしょうか。

ただ、「安かろう悪かろう」では話になりません。

スマホの乗り換えって手間だし、失敗したくないですもんね。

まずは楽天モバイルの特徴と使い勝手についてご紹介しますね。

>>楽天モバイル

スポンサーリンク

楽天モバイルを使った感想

楽天モバイルを使った感想

楽天モバイルの特徴を紹介しつつ、実際に使ってみての感想を述べていきます。

楽天モバイルの評価すべき特徴は5つあります。

  1. 楽天回線エリアならデータ使い放題
  2. エリア外でも実質データ使い放題
  3. 契約してから1年間は基本料金0円
  4. データ通信1GB未満なら0円
  5. 契約&解約費用が0円

破格のメリットばかりです。

詳しく見ていきましょう。

楽天回線エリアならデータ使い放題

人口が集まるエリアを中心に「楽天回線エリア」が設定されており、楽天回線エリアではデータが使い放題になります。

つまり、どれだけデータを使っても最高月額2,980円より高くなることはないってことです。

画像を見ると「楽天回線エリアが少ない」ように感じるかもしれません。

ただ、2021年の夏頃までに人口カバー率96%まで拡大予定みたい。

つまり、生活圏のほぼすべてがデータ使い放題になる予定ですね。

ぼくが契約したのが2020年6月ですが、この9ヶ月間で楽天回線エリアはかなり広がっているので、予定どおりになる気がします。

楽天回線エリア外でも実質データ使い放題

ぼくが住んでいるエリアは残念ながら「楽天回線エリア外」なので、データ使い放題ではありません。

ですがぼくは、Wi-Fiがない環境でもガンガンYouTubeを見ますし、ソシャゲーもガンガンやってます。

「ギガ」を追加で買わなくても、それくらいの通信速度が出せるのが楽天モバイルの良いところ。

楽天モバイルは、任意で通信モードを切り替えることができます。

画像を見てください。

通信制限モード

“データ高速モードをON” にすると、ギガを消費してデータ通信をすることができます。

ただ、ぼくの場合は、つねに “OFF” で使用していますがほとんど問題を感じません。

✔通信制限モードでも最大1Mbpsは優秀

データ高速モードをOFFの状態にすると、俗にいう ”通信制限状態” になりますが、それでも次のようなことができちゃいます。

  • YouTubeがふつうに見れる
  • ソシャゲーがふつうに動作する
  • Netflixなどもふつうに再生できる

ぶっちゃけ、これだけのことができれば普段使いに困ることは無いとおもっています。

通信制限モードで不便を感じると言ったら、調べものでググったときに重たいサイトの表示に時間がかかることくらいですね。

「どうしても高速通信が必要!」ってときに、データ高速モードをONにすればOKです。5GBも使えるので、そうそう困ることはありません。

つまり、データ使い放題とか使い放題じゃないとか、楽天モバイルなら大差がないということです。

どのみち使い放題です。

楽天モバイルは、契約してから1年間は基本料金0円

CMでもバンバン告知していますね。

ただし、注意してほしいのが「先着300万人まで」ということ。

ぼちぼち300万人を突破しそうということで、2021年4月7日(水)をもってキャンペーンの受付を終了すると発表されていました。

新プランである “楽天アンリミットⅥ” を発表後、申し込みが殺到したみたいです。

今のうちに申し込むだけで、1年間無料は確定なので”行動した者勝ち”ですよ!

申し込みはこちらからどうぞ!

>>楽天モバイル

楽天モバイルは、データ通信1GB未満なら0円

楽天アンリミットⅥの目玉が、この1GB以下なら月額0円という新料金プランです。

控えめに言って、破格ですよこれは!笑

楽天アンリミットⅥでは、画像のとおりで、データの使用量に応じて段階的に料金が変動していきます。

  • 1GBまでなら月額料金は0円
  • どれだけデータを使っても2,980円

通信制限モードで毎日を過ごしているぼくとしては、1GBすら使わないのでこれからもずっとスマホ代が0円ってことになります。

そもそも、データ使い放題で2,980円ってこと自体も格安なんですけどね。

楽天モバイルは、契約&解約費用が0円

楽天モバイルの良いところは、“解約に縛りがない” こと。

DoCoMo、au、Softbankなどの大手キャリアのように「2年縛り」とか「解約時期の縛り」が無いので、いつでも自由に解約することができます。

つまり、

  • 楽天モバイルに乗り換えて1年間無料でスマホを使える
  • 無料期間が終わったら他社キャリアに乗り換える

こんな使い方だってできるわけです。

ぼくだって「現状の楽天モバイルが他社より優れているから使っている」というだけで、今後も使い続けるとは限りません。

楽天モバイルよりもずっと良いサービスが発表されれば、ソッコーで乗り換えます。笑

契約時にかかる手数料は、楽天ポイントでまるまる戻ってくるので実質0円なのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

楽天モバイルの感想【3つのデメリット】

楽天モバイルの感想【3つのデメリット】

楽天モバイルを使って感じたデメリットが3つあります。

  1. 通話品質が良くない
  2. 建物のなかは電波が良くない
  3. 時間帯で繋がりにくいときがある

スマホとして、致命的感があるデメリットですね。

でも、安心してください。

最初にも言いましたが、ぼくは楽天モバイルにして本当に良かったと思っています。

これらのデメリットをふまえてでも、楽天モバイルに価値を感じていますからね。

楽天モバイルの通話品質は良くないです

楽天モバイルでは、”楽天Link” というアプリを使うことで、どれだけ通話しても通話料が無料になります。

話に支障が出るほどではないけど、通話品質はお世辞にも良いとは言えないですね。

解決法としては、楽天モバイルはデータ使い放題なので、ライン通話にすればそこそこクリアに通話できるでしょう。

建物のなかだと電波は良くないです

自宅や職場はバリバリ繋がります。

しかし、人口が多いエリアのビル内などは電波が弱い印象があります。

そういうエリアでの滞在時間が長い人には、ちょっとストレスに感じるかも。

解決法としては、「Wi-Fiを使う一択」になると思います。楽天回線エリアだったとしても、圏外になることがありましたからね。

ただ、2020年に比べて「電波が繋がりにくい」と感じる場所は、確実に減ってきています。

”無料で使えるスマホ” というメリットが破格すぎるので、ビルのなかくらい繋がらなくても、とくに不満はありません。

時間帯によってデータ通信が遅くなるときがある

朝7:30~8:30くらいの時間帯で、まれにデータ通信が遅くなるときがあります。

YouTubeでは問題を感じないんですけど、Netflixなんかを再生するとたまに ”くるくるマーク” がでることが…。笑

でもホント、たまーにです。

解決法としては、”データ高速モード” をONにしておくこと。

2020年の楽天モバイルは、朝だけでなく12時台や18時台なども「Wi-Fiがなきゃ使い物にならないレベル」でデータ通信できませんでした。

あのときはマジでイライラしましたね。

それに比べれば、めっちゃ改善されたと思いますよ!

しかも2021年の夏に向けて、さらに楽天回線エリアも拡大していきますからね!

スポンサーリンク

最後に:楽天モバイルと他社キャリアとの比較

最後に、2021年3月現在の各種料金プランを比較してみましょう。

大手キャリアも、格安SIMに対抗したプランを発表していますからね。

プラン料金は楽天モバイルが最安です

各キャリアが発表したプランは、”データが20GBまで使える” というもの。

その際の料金を比較すると以下のとおり。

✔20GBでの料金比較

  • 楽天モバイル ⇒ 1,980円
  • DoCoMo   ⇒ 2,700円
  • au    ⇒ 2,480円
  • Softbank ⇒ 2,480円

楽天モバイルなら、20GBまでの使用で1,980円です。

それ以上に使ったとしても2,980円より高くなることはありません。

ギガを使い切ったあとも楽天モバイルが優秀です

各キャリアとも “ギガ” を使い切ったあとの通信速度は、”最大1Mbps” ということで、楽天モバイルと一緒。

これは、

  • YouTubeがふつうに見れる
  • ソシャゲーがふつうに動作する
  • Netflixなどもふつうに再生できる

ということを、先ほどもご紹介しましたね。

しかし楽天モバイルには、あたまひとつ抜けた性能があります。

2021年夏には、96%のエリアでデータ使い放題になるということ。つまり、普段使いにおいて「ギガを消費する」という考え自体が無くなります。

ギガを気にするのは、海外であったり、楽天回線エリア外に国内旅行に行くときくらいですかね。

それでも毎月5GBは使えるので、やっぱり問題なしです。

2021年3月現在、料金プランでもデータ容量でももっとも優秀な楽天モバイルです。

4月7日までなら、契約した時点で1年間は無料!

解約の縛りもありませんので、サクッと乗り換えちゃいましょう。

1年無料ってだけで、数万~十数万円の節約になりますよ。

楽天モバイルはネット申し込みが基本なので、こちらから申し込みをどうぞ!

>>楽天モバイル

ネットからの申込みに不安があるなら、こちらの記事が参考になります。

>>楽天モバイル申し込みの流れ【画像付きで解説】

楽天モバイルと合わせて「楽天ひかり」に契約することで、自宅のインターネット回線も1年間無料になります。楽天サービスにまとめると”楽天ポイントも貯まりやすい”というメリットがあるので、この機に見直してみるのもオススメです。

楽天ひかりについて詳しく知りたいなら、こちらの記事を参考にどうぞ。

というわけで以上です。

現状、最強な楽天モバイルに乗り換えて、スマホ代を賢く節約しちゃいましょう!

ジューゴ

Twitter(@jugo15papa)やってるので、繋がりましょ!フォローして「ブログ読みました」ってリプくれたらフォロバします(/・ω・)/

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です