お金を貯める

【評判は悪い】楽天ひかりを1年間使った感想【ぼくはアリです】

【評判は悪い】楽天ひかりを1年間使った感想【ぼくはアリです】

楽天ひかりを契約しようか悩む人

楽天ひかりが、ほかの光回線とどう違うのか知りたい。なるべく安く、なるべく快適にインターネットを使いたいんだけど、楽天ひかりはどうなの?実際に使っている人の感想を聞きたいです。

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いているぼくは、楽天ひかり歴1年を超える楽天ユーザーです。

ぼくが契約したときの楽天ひかりは、ぶっちゃけ「使い物にならない」という感想でした。

しかし、最近の楽天ひかりであれば、「契約しても損はしない」「むしろ、契約したほうが得をする人も多い」と感じます。

そんな理由を解説していきますので、光回線えらびの参考にしてください。

スポンサーリンク

【評判は悪い】楽天ひかりを1年間使った感想【ぼくはアリです】

【評判は悪い】楽天ひかりを1年間使った感想【ぼくはアリです】

ぼくが楽天ひかりを1年間使ってきて感じた、メリット・デメリットは以下のとおり。

✔楽天ひかりのメリット

  1. 月額料金が1年間無料
  2. 楽天ポイントが貯まる
  3. 通信速度がはやい

フツーに優秀なメリットです。

✔楽天ひかりのデメリット

  1. 月額料金は最安ではない
  2. 解約に “縛り” がある

気軽に乗り換えができないのがデメリットですね。

まずはメリットから詳しく解説していきます。

楽天ひかりのメリット①:月額料金が1年間無料!

安くてはやい光回線といえば、「NURO光」が有名ですね。

「1年間980円」っていう広告を、あなたも見たことがあるんじゃないでしょうか?

それを上回る割引サービスをしているのが、楽天ひかりです。

なんと1年間無料。笑

ただし、条件があるんです。

  1. 楽天モバイルを利用していること
  2. 新たに、楽天モバイルを申し込むこと

※どちらかでOKです

すでに楽天モバイルを契約しているなら問題なしです。

他社キャリアを使っているなら、スマホも楽天モバイルに乗り換える必要があるってことですね。

とはいえ楽天モバイルは、2021年3月現在でDoCoMo、au、Softbankを追い抜き、ユーザー満足度No1を獲得しています。

ぼくも楽天モバイルユーザーですが、現状マジでおすすめできますよ。

楽天モバイルを使っている感想については、こちらでまとめているので参考にどうぞ。

楽天モバイルに乗り換えなくても、割引が適用されます

どうしても楽天モバイルにしたくない場合、「楽天ひかりの申込みだけでも2,000円割引」が適用されます。

✔楽天ひかりのみ契約の1年目料金

  • マンションプラン ⇒ 月額1,800円
  • 戸建てプラン   ⇒ 月額2,800円

これでも、じゅうぶん安いですね。

楽天ひかりのメリット②:楽天ポイントがザクザク貯まります

「使い道が豊富な楽天ポイントが貯まりやすい」ってのは、じゅうぶん大きなメリットと言えます。

  1. 楽天ひかりの月額料金にポイントが付く
  2. 楽天ひかりはSPU倍率が+1倍なる

楽天ひかりが無料なのは1年目だけなので、2年目以降は月額料金が発生します。

ただ、その月額料金に対して楽天ポイントが戻ってくるのでわりとうれしいですね。

ポイントは「100円=1ポイント」となり、毎月わずかばかりですが節約につながります。

ただ、破壊力が大きいのはSPU倍率アップのほう!

✔SPUとは?

「スーパーポイントアッププログラム」の略称です。対象の楽天サービスを利用するほど、楽天市場でお買い物をしたときのポイントバックが大きくなります。

ちなみにぼくはSP倍率が10倍です。

SPU倍率

SPU倍率が10倍ということは、10,000円のお買い物に対して1,000ポイントが戻ってくるのでかなりポイントが貯まりますね!

ちなみにSPU10倍のぼくは、年間に16万ポイントほど貯めることができました。

証拠はこちらです。

>>楽天ポイントの獲得実績

2019年は10月から楽天サービスを利用しはじめたので、2020年のデータを参考にしてください。

楽天モバイルもSPU倍率アップの対象なので、楽天ポイントをガッツリ貯めたいなら両方契約がおすすめです。

楽天ひかりも楽天モバイルもネット申し込みになるので、申し込みはこちらからどうぞ。

>>楽天ひかり

>>楽天モバイル

楽天ひかりのメリット③:通信速度がはやいです

これは最近追加されたメリットであり、以前の楽天ひかりはマジで使い物になりませんでした。

というのも、楽天ひかりがIPv6に対応したことで、通信速度が劇的に改善されたのです。

✔IPv6とは?

かんたんに言うと、インターネットの利用者が増える夜などの時間帯でもサクサク快適にインターネットが使える接続方式。

以前はIPv4という接続方式で、「混雑する時間帯にはインターネットがカクカクになる」というストレスを受けまくっていました。

現状まだIPv4の光回線サービスも存在するので、楽天ひかり以外を契約するのならご注意を!

楽天ひかりのデメリット①:月額料金が “最安” ではない

1年間無料ではあるものの、2年目以降の月額料金は “ふつう” であり、最安ではありません。

ただ、けっして高くもないんですけどね!

✔インターネット料金は大差ないです

1年割や2年割が終わったあとのインターネット料金に大差はありません。

あっても100円200円程度の差であり、そのときのことを考えて契約するのはナンセンスです。

割引期間が終了し、解約時期になったら「別のインターネット回線へ乗り換える」のがおすすめです。乗り換えにかかる解約手数料や工事費はキャッシュバックしてもらえるし、割引期間がまた始まりますからね。

ぼくは現状、楽天ポイントが貯まりやすいメリットを受けるために楽天ひかりにしていますが、今後もずっと続けていくかは未定です。

楽天サービスが改悪されたら、すぐに乗り換えられる準備だけはしておきますね。

今のところは、楽天ひかりで満足しています。

楽天ひかりのデメリット②:解約に “縛り” がある

楽天ひかりは、契約してから36ヶ月以内に解約すると解約金が発生します。

解約料は9,500円。

しかも3年ごとに契約更新なので、解約のタイミングを逃したらまた3年間使い続けなければ解約金が発生してしまいます。

楽天モバイルは解約フリーなのに、楽天ひかりはそこんとこ融通が利かないんですよね。

解約に縛りがないインターネットサービスはほとんどありません。あったとしても超マイナーな業者なので、ふつうに有名業者で契約する方が安心ですよ。

スポンサーリンク

まとめ:楽天ひかりはこんな人におすすめします

まとめ:楽天ひかりはこんな人におすすめします

楽天ひかりは、「最安」でもなければ「最速」でもありません。

なので、最高品質の光回線を求める方には不向きかもしれませんね。

  1. 楽天ポイントを貯めたい人
  2. 無難に速い回線で満足な人
  3. 最安値にこだわりがない人

個人的には、べつに高くもないし、通信速度も遅いとは感じません。

「安かろう悪かろう」を避けられるうえ、楽天ポイントもザクザク貯められるので、楽天ひかりという選択肢は悪くないと思っています。

なにより、1年間無料でインターネットが使えるのは楽天ひかりだけ!

申し込みはこちらからどうぞ。

>>楽天ひかり申し込みページ

というわけで以上です。

ジューゴ

Twitter(@jugo15papa)やってるので、繋がりましょ!フォローして「ブログ読みました」ってリプくれたらフォロバします(/・ω・)/

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です