夫婦関係

【妻に送る】刺さる手紙の書き方【ポイントは3つだけ】

【妻に送る】刺さる手紙の書き方【ポイントは3つだけ】

妻に手紙を送りたい人

あなた
あなた
日頃の感謝を込めて、妻に手紙を送りたい。だけど、手紙なんてほとんど書いたことがないから、なにを書けばいいかわからない。妻に喜ばれる手紙を書けるようになりたい。

そんな悩みを解決します。

この記事を書いている僕も、以前は手紙を送るのがめちゃくちゃ苦手な人間でした。

苦手だった理由は、単純に「書き方を知らなかった」からです。

ひらめきや思いつきで書いても、ハッキリ言って、いい文章は書けません。

良い文章、刺さる文章を書くには、テクニックが必要です。

この記事を読み終わるころには、妻への手紙が書きたくて書きたくて、しょうがない自分になっているはず。

ぜひ、最後まで楽しんでいってください。

【妻に送る】刺さる手紙の書き方【ポイントは3つだけ】

【妻に送る】刺さる手紙の書き方【ポイントは3つだけ】

ぶっちゃけ、妻に手紙を送ってあげるだけで、妻は十分に喜んでくれると思います。

そのうえで、妻が感激するほど刺さる手紙を送るためには、最優先して考えておくべきことがあります。

それは、妻の存在価値を刺激すること。

そんな手紙を書くために、必要なポイントは3つです。

  • 書き出しは、感謝の言葉で始めよう
  • 自分の弱みをさらけ出すこと
  • 妻の「理解者」であること

詳しく解説していきます。

感謝の言葉で始まる文章のねらい

感謝で始める理由は2つあります。

  1. 文章に気持ちを込めるため
  2. 妻の予想を裏切るため

詳しく解説していきます。

感謝から書き始めると、手紙に気持ちが宿る

よくやりがちな、失敗例は以下の通り。

  • 【妻の名前】、結婚〇周年、おめでとう。
  • 【妻の名前】、〇歳のお誕生日、おめでとう。

べつに、なにも悪いところは無いように思うでしょう。

この例は、NGというか当たり前すぎて、別に刺さりもしない言葉を並べているだけ。

とりあえず…、無難に…、失敗しないように…。

カンのいい女性に対しては、そんな印象を与える場合もあるわけです。

ところが、ちょっと言葉を変えるだけで、印象はガラリと変わります。

  • 【妻の名前】、結婚〇周年だね。これまで支えてくれて、ありがとう。
  • 【妻の名前】、今日で〇歳だね。一緒に今日を迎えられることを幸せに思ってるよ。ありがとう。

どうでしょう、NGパターンよりも「気持ちが入っている文章」に見えませんか?

最初の一文を感謝の言葉で始めるのは、「あなたの気持ちを手紙に込める取っ掛かりにする」ためです。

書き出しに気持ちが込められれば、その後の執筆にも自然と気持ちが入ってきます。

裏切りは、もっとも強く印象に残る

妻の立場で考えてみてください。

めずらしく、あなたから手紙をもらった時点で、わくわくしているはず。

手紙を開いて、常套句が並べられているのではなく、いきなり感謝の言葉が飛び込んでくるのです。

「想像と違う」内容は、だれでも記憶に残るもの。

とくに女性は、脳の作りから、良いことも悪いことも決して忘れることなく、いつでも瞬時に記憶を取り出すことができます。

つまり、良い記憶を植え付けられれば、その印象は一生残るということ。

見開きの第一文は、いちばん印象に残る「手紙のタイトル」です。

ここに常套句を持ってくるなんて、もったいないことはしないように。

常套句は、あえて使わないのが、刺さる手紙のポイントです。

自分の弱みをさらけ出すこと

パーフェクトヒューマンは、結婚相手として、ぶっちゃけあまり好かれなかったりします。

  • 仕事ができる
  • 家事もできる
  • 料理も妻より上手
  • 子育てトラブルもない
  • 妻の意見にも正論で論破する

可愛げが無いと思いません?

妻にとって結婚相手が、こんなパーフェクトヒューマンだったら、妻は自分の存在意義を見失ってしまうでしょう。

あなたの妻
あなたの妻
あなたにとっては私がいなくたって、なにも困らないよね…

みたいな感じで。

もし、あなたがパーフェクトヒューマンだったとしても、弱みを見せることが大切です。

もし、あなたがパーフェクトヒューマンじゃなかったとしても、あらためて自分の弱みを伝えることも大切です。

自分の弱みを伝えることで、同時に妻の助けを必要としているサインになります。

これが、妻の存在価値を肯定することにも繋がります。

「キミ無しじゃいられない」って想いを綴ってみてください。

  • 仕事で疲れて帰ってくる僕に、キミが笑顔で出迎えてくれることが何よりも嬉しいと思っているよ。
  • キミが作ってくれる味噌汁が飲めるから、1日を頑張ろうって思えるんだ。
  • 前にキミが実家にお泊まりしたとき、次の日の準備が大変すぎて、キミの支えに頼ってたことに気付いたよ。

手紙なんだから、恥ずかしさは捨ててください。

多少オーバー気味に伝えるくらいが、ちょうどいいのです。

妻の「理解者」であることを伝えよう

妻が夫に、いちばんに求めているものは「理解」であることが多いです。

理解とは、具体的に以下のことを指します。

  • 妻の苦労を知ること
  • 妻の努力を知ること
  • 妻の愛情を知ること

きっと、あなたが想像している以上に、妻はいろいろ抱えていると思いますよ。

それに気付いて、理解を示すことで、救われる妻は多いでしょう。

妻をしっかりと理解したいのなら、〇リンク〇を参考にしてください。

あなたが当たり前に思ってる「それ」は妻の愛情です

家に帰って、当たり前のようにご飯が用意されているのも、当たり前のようにお風呂が沸いているのも、当たり前のように洗濯が済んでいるのも、すべてはあなたに対する愛情です。

妻は、義務で家事・育児をしているわけではありません。

でも、男性は義務で仕事をしているから、妻の家事・育児を「妻の仕事」って思い込みがち。

妻がする家事・育児の根底にあるのは「愛情」です。結果を大事にする男と違って、女性は過程を大事にします。日々の積み重ねが妻の愛情の大きさになるわけです。

これに早く気付くことができれば、妻の愛情は、より一層大きくなるでしょう。

「自分は分かってる」ってことを伝える手段として、手紙はかなり効果的です。

  • 毎朝、誰よりも早く起きて、毎日お弁当まで用意してくれて、本当に感謝しているよ。
  • キミもパートで疲れているはずなのに、そんな素振りを見せないキミの姿に、実は勇気をもらっていたよ。

妻が日頃からやってくれている「当たり前」だと思っていた部分を、さらっと褒める文章を入れてみると良いでしょう。

最後に:妻はあなたのオンリーワンになりたいのです

最後に:妻はあなたのオンリーワンになりたいのです

最後に、いちばん大切なことをお伝えします。

言うまでもないことですが、「愛してる」の言葉は、必ず入れてください。

女性にとって、「好きだよ」「愛してるよ」という言葉は、毎日言われても飽きないワードであり、むしろ安心する言葉なのです。

男性の場合は、だんだん面倒くさいと思ってくる人もいるでしょうが、女性は違うのです。

日頃から、愛の言葉を言わない男性なら、なおさら、その言葉は手紙に込めるべき。

ただし注意点があります。

妻は、あなたのオンリーワンになりたがっています。ナンバーワンではなく、オンリーワンに。

つまり、「世界でいちばんキミを愛してる」という言葉では、「2番はだれ?」「3番もいるの?」って、余計な不安を与えてしまいます。

  • 一緒にいたいと思える女はキミだけだよ、愛してる
  • キミと過ごす時間だけが、僕にとっての宝物だ

みたいな感じで、比較対象は居ないことを文脈から匂わすのがオススメ。

というわけで以上です。

  • 感謝の言葉から書き始める
  • 自分の弱みをさらけ出す
  • 妻の「理解者」になる
  • 「オンリーワンで愛してる」と伝える

ポイント3つと言いつつ、4つになりました。笑

これらのポイントを踏まえて、愛する妻に手紙をプレゼントしてみてください。

きっと、その日はステキな時間を過ごせることでしょう。

この記事が、あなたのお役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です