ライフスタイル

KindlePaperwhiteを使ってみた感想【なくてもOK】

KindlePaperwhiteを使ってみた感想【なくてもOK】

KindlePaperwhiteを買おうか迷ってる人

KindlePaperwhiteの評価が高いから買おうかと思ってる。本当に自分に合っているか確認したいので、否定的な意見を聞いておきたい。

そんな悩みにお答えします。

この記事を書いているぼくは、電子書籍9割、紙の本1割くらいの比率で電子書籍を毎月20冊ほど読んでいる人間です。

好きなビジネス系YouTuberがKindlePaperwhiteを猛プッシュしていたので、なんのためらいもなく購入しました。

後悔はしていませんが、ぶっちゃけ”買わなくても良かった”と思う。

この記事では、あなたにとって本当に「KindlePaperwhiteが必要か」を確認できるよう、ぼくの率直な感想をまとめています。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

KindlePaperwhiteを使ってみた感想【なくてもOK】

KindlePaperwhiteを使ってみた感想【なくてもOK】

ぼくの結論としては、”べつに買わなくても良かった”になります。

その理由は3つ。

✔KindlePaperwhiteがなくても良かった理由

  1. モノクロ表示しかできない
  2. 反応が遅くてイライラする
  3. 防水だけど使い勝手がわるい

ひとつずつご説明しますね。

KindlePaperwhiteはモノクロ表示しかできない

本を読むんだから、白黒でぜんぜんOKだと思っていました。

実際、紙の本だって白黒だもんね。

✔白黒が「機能を制限」している

Kindleで読める電子書籍には、素晴らしい機能がたくさんあります。

そのなかでも特にお世話になるのが、ハイライト機能。

ようは、文章に線を引くことができる機能です。

こんな感じで。

出典:メンタリストDaiGo 自分を操る超集中力

ぼくの場合、本は娯楽で読むというよりも、学習のために読むことのほうが多く、ハイライト機能はマジでよく使います。

そのうえ、自分ルールでハイライトを色分けしておくことができるので、学習効率がかなり上がるんですよね。

KindlePaperwhiteでも、ハイライト機能はあります。しかし、色分けの機能はありません。

パソコンやスマホでKindleアプリを起動すれば、ハイライトの編集ができるようになりますが、2度手間なのでやりません。

だったら最初から、スマホで本を読みます。笑

KindlePaperwhiteは反応が遅くてイライラします

フツーに本を読むだけなら、ぜんぜん問題はありません。

ですが、ぼくがイラつく場面はこんなところにあります。

  1. ハイライトの指定がよくズレる
  2. 本のダウンロードにやたら時間がかかる
  3. 「次のページ」を押してるのに「前のページ」に戻る

わかりやすくいうと、スマホ登場前のガラケーのような操作感ですね。

✔ハイライトの指定が1文字単位でできないときがある

あと一文字!あと一文字だけハイライトの線を引きたい!ってとき、だいたい1行くらいズレます。笑

うまくいくときもあるんですけど、ダメなときのほうが多い。

使ってみればわかると思いますが、スマホのような精巧な作りじゃないんですよね。

✔本のダウンロードに時間がかかります

これもやっぱりスマホに慣れ過ぎてるせいか、動作が遅くてイライラ…。

たまに、ダウンロード中にフリーズすることもあります。

✔「次のページ」を押してるのに「前のページ」に戻る

もはや意味がわかりません。

毎回ではないにしろ、たまにこういう不具合が起こるのもイラつきます。笑

KindlePaperwhiteは防水機能付き!

KindlePaperwhiteは防水機能付き!

ぶっちゃけこの機能がいちばん欲しくて、KindlePaperwhiteを買ったってのもあります。

お風呂時間を有効活用すべく、防水機能での読書を楽しみにしていたのですが…

使いづらい…!

具体的にいうと、

  • 湯気でくもる
  • 水滴に反応する
  • 水中では動作しない

とくに水滴に過剰に反応してしまうのが使いづらいと感じます。

湯気で画面がくもり、水滴になって垂れた瞬間…

恐ろしい勢いでページがスキップされていきます。笑

シャワー浴びながら読書ってのは、もちろん無理ゲーでした。

タオルなどを用意しておけば、あまりストレスを感じることなくお風呂読書できました。KindlePaperwhiteの防水機能は、機能性ってより安全性って感じがしますね。

風呂ポチャしても壊れないってのは、わりと嬉しいかもです。笑

以上3点が、KindlePaperwhiteを買わなくてもいいかな!って思った理由です。

とはいえ、KindlePaperwhiteにだっていいところはありますよ。

スポンサーリンク

KindlePaperwhiteならではの3つのメリット

KindlePaperwhiteならではの3つのメリット

それがこちら。

  1. 目にやさしい
  2. バッテリーが長持ち
  3. 読書に集中できる設計

ぼくはこのあたりを重視して、スマホ読書との「使い分け」に役立てています。

KindlePaperwhiteのディスプレイは「E-ink」

スマホの液晶ディスプレイとは違った仕様で、特殊なインクを使ってるのが特徴。

直接、目を照らさないフロントライト方式を採用しているので、長時間の読書でも疲れにくいです。

フロントライト方式だと、太陽の光のもとでも画面が反射せず読書ができるのも嬉しいポイントだったり。

KindlePaperwhiteの画面が太陽光で反射しない画像

うえの画像の持ち手の部分を見てもらえると、日差しの強さが分かるんじゃないでしょうか。

寝るまえの読書にうってつけ

KindlePaperwhiteのダークモードの画像

うえの画像は、KindlePaperwhiteの「ダークモード」を使ったときのものです。

画面の明かりを抑えつつ、文字は見やすく発光しているので、部屋を真っ暗にして読書していても目が疲れません。

寝るまえにスマホで読書しちゃうと、脳が覚醒しちゃうので睡眠の質が低下します。

ふだん、スマホ読書がメインになっているぼくですが、寝るまえはKindlePaperwhiteのありがたみをいちばん感じます。

KindlePaperwhiteはバッテリーが長持ちします

職場では基本的にKindlePaperwhiteで読書をしています。

スマホ出してると、遊んでいると思われるから…。笑

使用時間で言うと、一日ざっくり2時間くらい。

それでいて、1週間は充電しなくて大丈夫!

バッテリー寿命は500回程度

Kindleやスマホに使われているのが、リチウムイオンバッテリー。

リチウムイオンバッテリーは充電回数500回くらいが寿命と言われています。

500回充電することで、本来の60%の性能に落ちるそう。

スマホも2年くらい使っていると、電池の減りが早く感じるのはそのせい。

スマホ読書のデメリットは、スマホ自体の寿命を縮めてしまうことだと思っています。

スマホを何年も大切に使っていきたいのなら、KindlePaperwhiteとの二刀流で、バッテリー寿命に気を配るのもアリかもしれませんね。

KindlePaperwhiteなら週1の充電でOKなので、5年くらいは不自由なく使えるでしょうね。

KindlePaperwhiteでできることは ”読書のみ”

スマホ読書のデメリットに、”通知が表示されること”が挙げられます。

そのせいで、読書に没頭しにくいと感じる人も多いはず。

その点KindlePaperwhiteは、読書以外なにもできません。笑

それが逆に集中力を高め、読書の効率を上げてくれるってことに繋がってきます。

ただ、ぼく的には「使いづらさ」が勝つときもあるので、読書効率が上がったと思ったことがありません

個人的にはKindlePaperwhiteよりFireタブレット派

個人的にはKindlePaperwhiteよりFireタブレット派

ぼく個人の感想としては、KindlePaperwhiteは「いらない」です。

今回ご紹介したKindlePaperwhiteのメリット・デメリットを吟味して、それでも欲しいと思えれば、買って後悔することは無いでしょう。

これまたぼく個人の感想ですが、KindlePaperwhiteよりもFireタブレットをおすすめしたいです。

特徴としては、以下のとおり。

  1. スマホ並みの動作スピード
  2. 液晶ディスプレイでカラー対応
  3. 8~10インチで好みのサイズを選べる
  4. スマホでできることは、ほとんどできる
  5. じつはKindlePaperwhiteよりも値段が安い
  6. アレクサアプリを使えば、本を読み上げてくれる

これだけのスペックでKindlePaperwhiteより安いんですよ。笑

デメリットを挙げるなら防水機能がないってことくらい。

とはいえ別売りの防水ケースを用意すれば、お風呂読書もできます。

本が200万冊以上読み放題になるKindle Unlimitedが3ヶ月無料(2,940円分)で使えるのでめっちゃおトク!

ぼくが買ったときにはそんなキャンペーンやってなかったですからね。

興味があるなら、キャンペーンが終わるまえにどうぞ!

というわけで以上です。

ジューゴ

Twitter(@jugo15papa)やってるので、繋がりましょ!フォローして「ブログ読みました」ってリプくれたらフォロバします(/・ω・)/

本が読み放題のKindle Unlimitedを使ってるぼくの感想をこちらの記事にまとめています。

よろしければ、参考にどうぞ!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です